世の中の様々なオカルト的なことを紹介&研究しています!UFO、UMA、心霊…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

マンテル大尉事件

1948年1月7日、朝から米ゴッドマン空軍基地の管制塔に、ゴッドマン市民やケンタッキー州警察から多数の未確認飛行物体の目撃通報があった。物体は白く、形は目撃者によって「逆さまにしたアイスクリームコーン型」だったり「笠型」だったりした。西に向かって高速に飛び去ったという。

午後1時45分、管制塔の双眼鏡がそれらしき物体を発見し、午後2時45分、付近を飛行中のトーマス・F・マンテル大尉(25)に確認の指令が出された。
午後3時5分、マンテル大尉より「物体は金属製で、途方もない大きさである」、「未確認飛行物体は上空を飛行中で、さらに上昇を続けている」、「高度7,000(フィート)までに追いつかなければ、追跡を断念する」と報告し、さらに、「飛行物体の中に何人かの人が見える」との連絡を取ったのを最後に消息を絶った。

午後3時15分、機影が見えなくなったためただちに捜索隊が派遣され、5時少し過ぎに、基地から150km離れたケンタッキー州フランクリン付近の農場で、マンテル機の残骸を発見した。遺体は操縦席にあり、風防は閉じたままロックされ、腕時計は3時18分で止まっていた。これが地面に激突した時刻だと思われる。

その後、アメリカ空軍当局は「金星を未確認飛行物体と誤認して高高度に飛行し、酸欠状態に陥って意識を失い墜落したものと考えられる」と発表したが、かなり苦しい説であり、1年後にはそれを撤回、「海軍がテスト飛行させていたスカイフック気球を誤認した」と訂正発表した。

しかし、
(1)機体の残骸が広範囲に散っていたことから、何らかの理由で空中で爆発、分解したと推測される。
(2)なぜかマンテル大尉の遺体は高温にさらされた状態で炭化しており、「まるで高熱銃で撃たれたようだった」という意見もある。
など、多くの不可解な点が残る。

また、この事件における未確認飛行物体との関連性が公式に否定されたにもかかわらず、この事件直後に正式に発足したアメリカ空軍内の未確認飛行物体調査機関は、その後20年以上存在し続けた。


【参考画像】

トーマス・マンテル大尉
トーマス・マンテル大尉

マンテル大尉のF-51ムスタング戦闘機の残骸
マンテル大尉のF-51ムスタング戦闘機の残骸

スカイフック気球
スカイフック気球


スポンサーサイト

2008/10/21 UFO(未確認飛行物体) トラックバック:0 コメント:0

ナウエリト

アルゼンチンのナウエルウアピ湖に棲息するUMA!

体長は5mのものから、40mに及ぶものまでいると言われている。

日本で有名なネッシーと体型が似ており、首は細長く頭は小さく背中にはコブがあり魚のようなヒレを持っていると言われている。

参考画像
ナウエリト


2008/10/05 UMA(未確認動物) トラックバック:0 コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。