世の中の様々なオカルト的なことを紹介&研究しています!UFO、UMA、心霊…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

甲府事件

甲府事件1975年2月23日午後6時頃、山梨県甲府市上町で帰宅途中の小学二年生、K君とY君がオレンジ色のUFOを発見した。

二人の話によると、UFOは二人を追いかけてきたため、近くのお寺の境内に隠れた。しばらくすると、UFOの姿が見えなくなったので、家に帰ろうとすると再び近くのブドウ畑でUFOを発見した。最初は、炎のような光だったため、火事だと思い近づいてみると、急に青白い光になり、先ほどのUFOだということがわかった。

しばらく観察をしていると、突然UFOのドアが開き、チョコレート色でしわしわの宇宙人が現れ、Y君の肩をたたいた。二人は、恐怖のあまり、その場から急いで逃げ出し、二人の母親に報告。半信半疑の母親達を連れて再び現場に戻ると宇宙人の姿はもうなかったが、飛び立っていくUFOと着陸痕らしきものを二人の母親も確認した。また、近くの環境センター管理人も、事件が起きた時刻に何らかの飛行物体を目撃しているという。

これらの報告を受けて、山梨日々新聞のの協力で現地調査を行った結果、コンクリート製の柱が折れていたり、人工的な残留放射能が検出されたりした。

この事件は、目撃者の具体的な証言や、日本では希な科学的な現地調査の結果が出ていることから、比較的信憑性の高い事件であるとされている。

スポンサーサイト






2009/01/31 UFO(未確認飛行物体) トラックバック:0 コメント:0













管理者にだけ公開する

| HOME | コンガマトー >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。